Walk Don't Run

日常にいくばくかのジワリがあれば

ぼくのはじめての海外旅行。(後編)

【前編からの続きです】 

www.arukehashiruna.com

 

若さというのは本当に価値あるものだ。 夕方になるとカラダは完全に復活していた。 風邪だったのか、食あたりだったのか、それとも知恵熱か、今となってはそんなことどうでも良いと思えるほどの回復っぷりだった。 夜の街へ出て今度はあまり辛くない料理を慎重に選んで食べた。 そして思う存分歩き回った。 私の街歩き好きはすでにこの頃に完成していたのだと思う。

 

 

翌朝、すっかり元気になった私は、しばらく考えてソウルへ行ってみることに決めた。 駅の窓口で筆談を使い特急”セマウル号”の切符を買う。 ソウルまでの4時間余りはあっという間だった。 車窓から初めて眺める異国の風景だ。

 

 「初海外のくせにノープラン」 もちろんソウルのことも何ひとつ調べていなかった。 前編でも書いたが何でそんなことができたのか。 もったいないというかアホというか。。。 ヒマな大学生 bored_dd だ、下調べする時間なんていくらでもあったのだ。 自身にまつわる七不思議のひとつである。 他の六つは知らんけど、、、

 

結局ソウルでもひたすら街歩き。 当時田舎町に住んでいた私にとってソウルはとんでもない巨大都市だった。 地下鉄を使っていろんな場所を歩き回る。 あまりお金に余裕は無かったからショッピングやお土産探しなんてのはしなかった。 お土産を渡す相手がいないという件はほっといて欲しい。

 

なにせ、もう20年も前のことなので記憶は曖昧なのだが、一つだけハッキリ覚えているのが焼き栗の屋台での出来事だ。 歩き疲れてちょっと甘いものが食べたいと思い屋台のおじいさんに指を一本立てて注文してみる。 おじいさんはこちらに向かって指を二本立て、私は200ウォンを差し出す。 レートの感覚に慣れていなかったとはいえ失礼なことをしたと思う。 おじいさんはさっきまでの穏やかさがウソのようにものすごい剣幕で、そして日本語で「にしぇん!!!」と声を張り上げた。

2,000ウォンを持っていない訳では無かったが、その勢いにすっかりビビってしまった私は結局買わずにそそくさと逃げ出してしまった。 向こうにしてみれば単にからかわれたように感じただろう。 本当に申し訳ないことをした。

 

 

夕方になり釜山の時と同じく飛び込みでホテルを探した。 2泊はしたはずなのに全く記憶にないところをみるとフツーのビジネスホテルだったのだろう。 そしてソウルではだいぶ色々なところを歩き回ったはずなのにあまり思い出せることが無いのが不思議で悲しい。 焼き栗のインパクトで上書きされてしまったということもあるのかも知れない。

 

 

もう一つ今でも信じられないことは、この時点で帰国の手段を何も考えていなかったことだ。 「釜山に戻ってまたフェリーの切符買えばいいんじゃね?」 欠航とか満席とかの概念は全く持っていなかった。 まぁ学生だから仕事に穴を開けることは無いけどアルバイトのシフトはあったような気がする。 今はもう私からすっかり失われてしまった大胆さ、、、

 

しかし最終的に私が出した答えは「もう船酔いはイヤだから飛行機で帰ろう」だった。 チケットを買わねばならない。 飛行機の絵の看板が出ている店に「たぶん旅行代理店だよね・・・」と飛び込み、紙に「福岡」と書いて見せるとカウンターのお姉さんは理解してくれたようだった。 ”往復”でなくて”片道”でというのを伝えるのにだいぶ苦労したものの無事に翌日のソウル-福岡便を予約できた。  一安心。 そして翌日無事に帰国した。

 

 

 

今になって振り返ればしょーもない旅行だ。 旅慣れたヒトから見れば「なんだそんなこと」ばかりだろう。

しかしこの時、インターネットもスマホも無い時代に、自分ヒトリで、誰にも頼らず、外国に行って無事に帰ってこられたという事実は、今に至るまで私を様々な局面で支えてくれているはずだ。 「まぁ、なんとかなる」 この気持ちはどんな時にも忘れないようにしていきたい。

 

 

「若者よ、旅に出よ」

 

人生訓を垂れるのは好きではないし、そんな資格もないことは承知だ。 でもやっぱりこの言葉は正しいと思う。

 

 

Seoul