完璧フィットにプチ感動!「iPhone SE + Spigenケース + Seriaガラスフィルム」

何だか最近似たような話題ばかり書いてしまっていてネタ切れ感がハンパないのだが、ちょっとだけ嬉しい出来事だったので記事にさせていただく。

2ヶ月程前よりスマホにiPhone SEを使っているのだが、そのケースには「Spigen」社のものを使っている。

iPhoneケース、スマホカバーブランドSpigen公式ストアです。会員登録で”すぐに使える”400ポイント進呈中!

スマホアクセサリーブランドとして有名どころなのでご存知の方も多いとは思うが、僕はこのメーカーのケースがめっちゃ気に入っており、3つ続けて購入してもうかれこれ4年くらい使い続けている。

他のメーカーに浮気したこともあったけど、やはり総合的に考えるとSpigenのケースに戻ってきてしまうので、もう今後は新しいiPhoneを買ったらとりあえずここのケースを買っとこうかと考えているくらいだ。(特にiPhoneはケースの種類がありすぎて選ぶこと自体が面倒というのもある)

デザインは正直ちょっとメカメカしいというかオタクっぽい面があって女子ウケはイマイチかも知れないが、ガジェット好き男子のココロをさりげなく揺さぶるのが上手いメーカーだと思う。 何より製品の精度が高いのが良い。 ボタン部分のフィット感やイヤホンジャック等の穴の成型、エッジの立ち方等申し分なく、そして表面処理含めて素材そのものに安っぽさが無い。 サラサラでもシットリでもないちょうどいい手触りというか、握っていて心地良く感じられる絶妙な質感。 とくかく個人的にやたら満足度の高いケースなのだ。

今使っているのはこのモデル。

これのブラックカラーを選択。 クリアタイプのTPU素材は経年劣化で黄ばんでくるので好みではなく基本的にいつも黒にしている。 ハイブリッドタイプで背面パネルは透明ポリカーボネートになっており、一見バンパータイプのようにシンプルに見えるところも気に入っているポイントだ。

もちろん背面ポリカーボネートタイプ以外にも様々なモデルが存在するので、好みのデザインから選択していただければOK。 全部のモデルを見た訳では無いが、製品のクォリティーは概して非常に高いと思っている。

何だかベタ褒めし過ぎでSpigen社の回し者みたいになってしまっているが、ここまでは前振りである。(なげーな。。。)

今回プチ嬉しくて記事を書こうと思ったのは、何となく買ってみたSeriaの100円ガラスフィルムがビックリするくらいこのケースと相性が良かったからなのだ。 100均のガラスフィルムというと、まぁ値段から考えて当然ではあるのだがやや厚めに作られているものが多く、ケースとの干渉問題が出てくるのだが、このSeriaガラスフィルムと前述のSpigenケースはまるでセットで設計されたかのような、あたかもパズルをはめ込むかのようなピッタリ具合。

この写真だけではイマイチわかりづらいのだが、ケースの端とガラスフィルムの端のラインがピッタリと一致しているこの気持ちよさ。 何かこう、眺めているだけで嬉しくなってしまうような組み合わせが偶然実現したのである。 ちなみにSeriaで買ったガラスフィルムはこれ。

それにしてもブルーライトカット機能付のガラスフィルムを100円で売られちゃったら、スマホアクセサリーメーカーも商売上がったりだな。。。

長めの前振りの割に言いたかったことはただケースとフィルムの絶妙のピッタリ具合、ただそれだけ。 でもそれが何だか嬉しかったんだから仕方ない、と開き直る。

どんだけつまんない日常を送っているか、自分がちょっと可哀そうにもなった、そんな夜です。

スポンサーリンク
wp_rectangle_big
wp_rectangle_big

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
wp_rectangle_big