今更ながらBluetoothレシーバー初体験。「AUKEY BR-C13」プチレビュー。

普段外出先で音楽を聴く習慣が無いため、イヤホン・ヘッドホンの類いを持ち歩くことが無かったのだが、最近大画面のスマホを持ったのに伴い出先で映画やYouTubeを観たり、英会話の教材ビデオを観たりする機会が出てきた。

そこで、10年近く前に買ったSONYのイヤホンを引っ張り出してきて使っていたのだが、これが微妙に使い辛い。 スマホからコードが出ているという状態に慣れていないせいか不意にそのままポケットに入れてしまいそうになり、耳からイヤホン外れてビヨーンとか、いざ使おうと思った時に親の仇かっていうくらいにコードがグチャグチャに絡まっていたりとか。

とうとう私もワイヤレスに移行することを決意。(そんな大げさなもんじゃないけども) Amazonで色々と評判を調べてみて購入したのがこのBluetoothアダプターである。 約1,600円ととにかく安いし、これなら手持ちのイヤホンもそのまま活かせるので。

AUKEY Bluetoothレシーバー ブルートゥースオーディオレシーバー 3.5mmミニプラグ接続 クリップ付き BR-C13

実物はこんな感じ。 コインサイズとまでは言えないものの、感覚的には指でちょこんとつまむ感じで非常にコンパクト。

上面には3.5㎜イヤホンジャックとマイクロUSB充電ポート。 バッテリーは約10時間持つとのことだが、実際使ってみても減りのスピードは非常にゆっくりで、ほぼ公称値通りの持続時間が見込めると思う。

重量も約16gと軽く背面にクリップも付いているので、シャツの胸ポケットに挟むと収まりが良く非常に快適。 Tシャツ等の襟回りや袖に挟んでもいけそうな感じだ。

実際にイヤホンと組み合わせるとこのようになる。 「結局コード絡まってんじゃねーか」というのは置いといて、シンプルでクセのないデザインとボタン類が出っ張っていない滑らかなフォルムなのでどんな場面でも使いやすい。 強いて欠点を挙げるとすれば、表面がラバーコーティングのような仕上げなので、やたらホコリが付きやすいことくらいかも。

あと、使ってみてこれは便利と感じたのは、「マルチポイント機能」という2台のスマホもしくはタブレットに同時にペアリングできる機能。 私はスマホ2台、あるいはスマホとタブレットを持ち歩くことが多いので、それらのどちらも同時に接続され、いちいち接続しなおす必要が無いのは嬉しい点だ。

尚、ワイヤレスということで気になる音の遅延だが、私はゲームをしないので今のところ不都合を感じたことは無い。 厳密に言えば映画や動画を観ている時にも遅延は起きているのだろうが、ほぼ気にならないレベルにあると言ってよいだろう。

この手のガジェットで気になる、バッテリーの劣化含めた耐久性についてはまだ使い始めて間もないので何とも言えないが、まぁこの価格だったら使い捨て感覚でも惜しくないかなというところ。 気を遣わずに使い倒せるのも嬉しいポイントだ。

コストパフォーマンスの高さではおそらくピカイチと言えるこのアイテム。 気軽にイヤホン・ヘッドホンのワイヤレス化を試してみたいというヒトに是非オススメしたい。

(初めてワイヤレスを使ったヤツに言われても説得力無いだろうけども・・・)

 
スポンサーリンク
wp_rectangle_big
wp_rectangle_big

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
wp_rectangle_big