ZOZOスーツの測定データでTシャツとジーンズを注文する。

先日の記事で、到着したZOZOスーツを使ってカラダのサイズを測定してみた話を書いた。

前回のこの記事から約半年、ようやく僕の元にもZOZOスーツが到着した。 残念なのは、当初計画されていた内蔵センサーによりサイズを計...

私は今までZOZOタウンで買い物をしたことが無く、正直このZOZOスーツをゲットするためだけにアカウントを作ったような状態なのだが、せっかくこんな面白いモノをタダで配ってくれているんだし、その測定データがどれくらい正確で役立つものか試してみたいので、とりあえずお試しでZOZOが始めたプライベートブランドを注文してみることにした。

本来であれば、前澤社長も記者発表会で着ていたオーダースーツを買ってみるべきなのかも知れないが、あいにく私は普段あまりスーツを着る機会が無く、お試し感覚で買うにはちょっと高価(まぁ、オーダーのスーツと考えればめちゃ安いんだけども)なので却下。

代わりにまずは一番スタンダードなアイテムであろう、無地のTシャツを買ってみることに。

グレーのTシャツを持っていないので、とりあえずグレーを選択。

いいなと思ったのは、こんな安いTシャツでもちゃんと肩幅や着丈を微調整できること。 いくら測定値とは言え、このあたりはやっぱり個人の好みがあると思うので一回標準の寸法で買ってみて、次から自分の好みを反映させるのが良い方法かと思われる。

続いて、どうせなら下も買ってみるべしということでジーンズを注文。

こちらもTシャツと同じくサイズ微調整可能。

以上2点で計5,000円、送料が一律200円掛かるので合計5,200円の注文となった。

まぁ、このくらいなら仮に多少しっくりこなかったとしても「仕方ないか」で済むレベルかな、と。

何より服を注文するだけでこれだけワクワク感が味わえることなんて滅多に無いだろうし、その「体験料」として喜んで支払いたいと思える良い買い物だと思えた。

このTシャツとジーンズはおそらく数日中には手元に届くと思うので、実際に着てみた感想をまた近いうちに記事にするつもりだが、もしこれらがピッタリ完璧フィットだったとしたら、私にとって「洋服革命」とでも言えるものが起こるかもしれない。(大袈裟だなオイ。。。)

全員が全員そうでは無いだろうが、オッサンになってくると正直デザインとかブランドとかのこだわりは薄れ、やっぱり着心地・フィット感が第一優先となってくる。 買ってはみたもののどうもサイズ感がしっくりこなくて結局着なくなってしまう服は多数あるし、怖いのは自分では合っていると思っているサイズも、他人から見てみたら滑稽に映っているかも知れないことだ。

そんな中、ZOZOスーツを使って注文した服がピッタリフィットだったとしたら、それはある意味「公式に」認められた自分サイズな訳だから「客観的に見てヘンなのではないか」という不安も払拭されることになる。 そうなればもう「これを買っておけば安心だ」という心理が常に働き、今後はZOZOでばかり服を買ってしまうことになるかも知れない。

それこそまさに「思う壺」な訳だが、そうなる可能性も結構高いかも・・・と感じている。

【追記:実際に商品が到着しての結果はコチラ】

ZOZOスーツを着て測定したデータを使い注文したZOZOオリジナルブランドのTシャツとジーンズが到着した。 注文からわずか...

スポンサーリンク
wp_rectangle_big
wp_rectangle_big

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
wp_rectangle_big