Little River Band 「Reminiscing」 を聴いてホッコリせつなくなってみる。

以前に書いたこの記事が何故かずっと一定のアクセスを得ていて不思議に思っている。

帰宅途中、駅前でストリートミュージシャンを観ていて不覚にもジンワリ来てしまった。 彼が歌っていたのが、私の涙腺崩壊ランキング殿堂入りの名曲、...

やはり偉大なアーティストや名曲についての記事は鉄板ネタとしてPV数を稼げるんだろうか、、、なんていう超絶ゲスい考えが頭をよぎっているので、もう一回くらい名曲ネタを書いてみようかと思い立った。 (書くんかい)

今回はずっと昔から僕が大好きな曲、Little River Bandの「Reminiscing」を紹介してみたい。 邦題は「追憶の甘い日々」というちょっと気恥ずかしいものだが、もう何回聴いてもその度にウットリしてしまうまさに名曲である。

かのフランクシナトラが「1970年代のベストソング」と評したのも納得だと思う。

美しすぎるメロディーラインももちろんだが、この曲の真骨頂は「ホッコリじんわり切なくなる」その歌詞かも知れない。 ラブソングではあるのだが、長い年月を共に重ねた老夫婦が昔を思い出して語り合いながら散歩している光景が浮かぶ一方で、これからこの女性と共に人生を築いていこうとプロポーズを決意した青年の熱い思いも同時に感じられる、なんとも素敵な歌詞なのだ。

この甘いセクシーな声でこんな曲を歌われたら、オッサンもキュン死ですよ。

色々なサイトを参考にして自分なりの訳詞をしてみた。 だいぶ意訳を入れてしまっているので「それはおかしい」という部分もあるかと思うが、雰囲気重視ということで大目に見ていただければ幸いである。

Reminiscing – Little River Band

作詞・作曲 : Graeham George Goble

Friday night it was late, I was walking you home

金曜の夜遅く 君を家まで送っていく

We got down to the gate, I was dreaming of the night

門に着いた僕たち この夜を夢見ていたんだ

Would it turn out right?

これでいいんだよね

How to tell you girl, I want to build my world around you

どう伝えればいいんだろう 僕は君の周りに新しい世界を築きたいんだ

Wanna tell you that it’s true

信じてほしい

I wanna make you understand I’m talking about a lifetime plan

君にわかって欲しいんだ 僕がこの先の人生について話してるんだってことをね

Well that’s the way it began, we were hand-in-hand

僕らは手をつないで踊り始める

Glen Miller’s band was better than before

グレンミラーバンドの素晴らしい演奏で

We yelled and screamed for more

拍手喝采の盛り上がり

And those Porter’s tunes made us dance across the room

ポーターの曲に合わせてダンスルームを舞う僕たち

It ended all too soon

でもそんな楽しい時間ももう終わり

On the way back home I promised you’d never be alone

家へと戻る帰り道 僕は誓ったんだ 君を決して一人にしないと

Hurry, don’t be late

さあ 急いで

I can’t hardly wait

もう待ちきれないんだ

I said to myself when we’re old

僕らが歳をとった時

We’ll go dancing in the dark, walking through the park

ダンスからの帰り道 夜の公園の中を歩きながら

And reminiscing

あの楽しかった日々を想い出すのさ

Friday night it was late, I was walking you home

金曜の夜遅く 君を家まで送っていく

We got down to the gate, I was dreaming of the night

門に着いた僕たち この夜を夢見ていたんだ

Would it turn out right?

これでいいんだよね

Now as the years roll on, each time we hear our favorite song

あれから年月は流れ 大好きな曲を耳にするたびに

The memories come along

想い出はよみがえる

Older times we’re missing, spending the hours reminiscing

過ぎ去ったかつての日々に想いをはせながら過ごすのもいいものさ

Hurry, don’t be late

さあ 急いで

I can’t hardly wait

もう待ちきれないんだ

I said to myself when we’re old

僕らが歳をとった時

We’ll go dancing in the dark, walking through the park

ダンスからの帰り道 夜の公園の中を歩きながら

And reminiscing

あの楽しかった日々を想い出すのさ

スポンサーリンク
wp_rectangle_big
wp_rectangle_big

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
wp_rectangle_big