映画のあらすじをまとめ上げる難しさにマジ凹み。

【※当記事は別ブログ「slow, steady & go.」にアップしていた内容を移行し加筆修正したものです】

昨日、自分の好きな映画についてのブログ記事を書いたのだが、疲労困憊して精神的にもヘトヘトになってしまった。

www.arukehashiruna.com

理由はとにかく映画のあらすじを書くのが難しいこと。 当たり前だが自分はこの映画を観てストーリーを把握しているので、ざっくりと書きさえすれば記憶がそれを補完してくれる。 しかし観たことのないヒトがそれを読んでも「なんのこっちゃ」だろう。 細かい箇所まで説明すればまわりくどくなり読む気も無くなるし、かと言って流れを重視して端折り過ぎれば、話が全然つながらない。

何度書いてみてもうまくいかず頭を掻きむしりたくなる。 ブログを書いてこんなにイライラしたのは初めてかもしれない。 最後はフラフラになりながらも何とか強引に締めくくった。 (ワインを飲みながら書いていたからフラフラ説もある)

自分が好きでよく知っている映画であってもこの有り様だ。 一度(何度も、かもしれないが)観たり読んだりしただけで映画レビューや書評を簡潔にキレイにまとめあげるプロのライターさんは本当にスゴイと痛感した。

ブログをやっていて良かったことの一つは、こうした「一見、自分にも簡単にできそうだけど、実はものすごく難しくて奥が深い」作業や仕事を、たとえ一面的であっても体験できることだ。

私も拙いながらもブログ記事を書き続けていくことで、少しずつでも文章がうまく書けるようになればと思う。

なんか珍しくマジメに締めてしまったけど、本日は以上です。

スポンサーリンク
wp_rectangle_big
wp_rectangle_big

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
wp_rectangle_big