「せんべろ」ってホントにいけるのね、って話。

【※当記事は別ブログ「slow, steady & go.」にアップしていた内容を移行し加筆修正したものです】

出張で東京へ。 ビジネスホテルにチェックインした後、晩御飯を食べようと街へと歩き出した。 知らない場所を散策するのはいつでも楽しい。

別にすごく美味しいモノや名物が食べたいという気分では無い。 適当にお酒を飲んで適当に腹にたまる食事ができたら。

商店街から一本外れた角地に何となく入りやすそうな立ち呑み屋を見つけた。 先客が6、7人、混み過ぎても空き過ぎてもいないちょうどいい感じだ。 直感でここに決めてみた。

「飲み物はどういたしましょう」 僕はホッピーの黒を注文する。 東京で呑み屋に入るといつもホッピーを注文してしまう。 関東では定番でも関西にはあんまり置いていないのだ。

ツマミを頼もうとメニューを見てビックリ。 安っすー。

f:id:reborn4344:20181222085116j:plain

ほとんどが100円台、ここならいくら食べても財布の心配は無さそうだ。

とりあえずは僕の中のマストメニュー、ポテサラを注文。 つづいて煮込みとハタハタの丸干しをば。 この値段だからどんなのが出てくるのかちょっと心配だったが、思ったより量もあり味も別に悪くない。 むちゃくちゃ美味しいってことはないけども。

ジョッキを飲み干し、ホッピーのナカをおかわり。 なんだか揚げ物が食べたくなったので野菜天とレバフライを追加した。 サクサクの野菜天は塩で、ソースが染み込んだレバフライにはカラシをたっぷりとつけて食す。 いいね。

オッサンだし、もう夜も遅いしこのくらいでやめとこうか、とお会計。 「1260円になります」 安っすー。

「せんべろ」って今まであまり意識したことなかったけど、ホントに1000円ちょいで楽しめるもんだな、と。

さっきネットで調べてみて知ったんだけど結構話題になっているチェーン店だったのね。 大阪には無いから知らなかった。

active-source.co.jp

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク
wp_rectangle_big
wp_rectangle_big

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
wp_rectangle_big