スマホ決済「PayPay」のキャンペーンが気合入りまくりなので乗っかってみる。

ソフトバンクとヤフーが共同出資したスマホ決済サービス「PayPay」が、12月4日より結構エゲツないレベルのキャンペーンを行うことを知り、さっそく乗っかってみることにした。

PayPayは、スマホひとつでカンタン・おトクにお支払いができるアプリです。最短1分で登録完了!

簡単に書くと、まずは支払額の20%還元。 PayPayを使って支払った分については問答無用で20%が戻ってくる。

これだけでも十分凄いが、更には抽選で支払い40回に1回の確率で全額(100%)還元キャンペーンが合わせて行われる。(上限10万円相当まで)

40回に1回となると「まぁ当たらないだろうな」という感もするが、ここで嬉しいのは「Yahoo!プレミアム」会員ならば20回に1回、さらにはソフトバンクかY!mobileのユーザーであれば10回に1回の確立までアップする点だ。 10回に1回となれば「一度くらいはオイシイことありそうかも」というスケベ心がアタマをもたげてくる。

僕はY!mobileの回線を持っているのでこの10回に1回の対象となり、この時点でPayPayユーザーになってみることを決意した。

とりあえずスマホにアプリをダウンロード。 ここでさらに見逃せないのが利用登録時のキャンペーンだ。

利用登録でまずは残高500円分をゲット、そしてソフトバンクかY!mobileユーザーならば支払い方法を設定することでさらに追加で500円分、そしてその後に5,000円以上をチャージすることで加えて1,000円分が付与されることになる。

つまり、とりあえず利用登録をして5,000円をチャージしておけば、その時点で残高は7,000円分となるということだ。 これは間違いなくお得だと思う。

もちろん、このPayPayキャンペーンが全てにおいて完璧という訳ではなく、いくつか懸念点もある。

キャンペーンのタイトルに「100憶円あげちゃう」とあるように、このキャンペーンは還元金額が100憶円に達した場合、予定を切り上げてその時点で終了となること。 もちろん追加や延長の可能性もあるが、予想以上に話題となってあっという間に終了なんてことも起こりうるだろう。

また、何か裏技や抜け道を駆使して不正に還元を得ようとする利用者が現れ、混乱が起きた結果、キャンペーンが何らかの形で中断や終了となる可能性もゼロではない。

そして、これは「あくまで現時点では」という但し書きが付くが、PayPayを利用できる店舗が限られていること。

正直、今の時点では白木屋、魚民、和民といった居酒屋チェーンくらいしか使えるお店が無いのだ。

しかし今後は12月4日からのファミリーマートを皮切りに、ミニストップ、ポプラなどのコンビニ勢や、ヤマダ電機、エディオン、Joshin、ビックカメラといった家電量販勢、ウェルシアやセイムズなどドラッグストア勢、等々のビッグネームが次々と加盟してくるようなので(予定含む)、将来的には使い道に困るという心配はしなくてよいだろう。

このように、非常に魅力的で気合の入った今回のキャンペーンなのだが、それを抜きにしても個人的にはこうしたモバイル決済や電子マネーの普及拡大を切に願うので、喜んで乗っからせてもらった形だ。

実際にこのPayPayを使ってみた感想については後日また記事にしてみようかと思う。

【2018年12月5日 追記】

早速キャンペーン初日に利用してみました。

先日記事に書いたスマホ決済サービス「PayPay」。 メチャお得感あるビッグキャンペーンが12月4日よりスタートするということで、早速...

スポンサーリンク
wp_rectangle_big
wp_rectangle_big

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
wp_rectangle_big