生きとったんかワレ 復活のポメラ「DM250」

いやぁ、てっきり死んだかと思っていたのだけど、ちょっとしたサプライズ的復活とはやられましたな・・・

キングジムの新型ポメラ「DM250」のことです。

デジタルメモ「ポメラ」DM250をご紹介します。株式会社キングジムの公式ウェブサイトです。

前機種「DM200」が生産終了となり後継機種の噂は出ていたものの、どうやらそれも立ち消えになったような雰囲気がファンの間にも漂っていたので、私もてっきりそうだと。

ところがある日ネットを見ているとしっかり正式発表されているじゃありませんか。

とりあえず良かった良かった。 キングジムさんもせっかく築き上げてきたこのブランドを消滅させるのは勿体ないもんね。

まぁ、私は「DM30」だけ買ってしかもどうもハマらなかったクチなので、あんまりエラそうなことは言えないんだけれども。

言い訳させてもらうと、DM30という機種がアカンかっただけで、ポメラのコンセプトは今でももちろん大好きです。

新モデル「DM250」の詳細については公式やメディア記事でチェックしてもらうとして、感じたのは「しっかり正常進化してネガを潰してきたな」ということ。

USB Type-Cになったのはまぁ当然としても、大きな課題だったスマホやPCとのデータ共有・移行について改善されていそうなのは大きい。

ただ、やっぱり6万円はいくらなんでも高過ぎるよなぁ。。。 唯一無二の価値を尊重したいところではあるけども、普通に考えればその値段出すならSurface GoとかちょっといいChromebookとかにいってまうもんなぁ。

ライターや小説家といったプロならそれでも余裕でモトが取れるくらい価値がある一品なのはわかるけど、単なる素人が手を出すにはちょっと、いや結構勇気がいるのは確かでしょう。

なので個人的にはチープなモデルも出して欲しいところ。 DM250への進化を自己否定することにもなっちゃうから難しいのはわかるけど、そんなに高機能で頭良くなくてもいいし、画面なんて安い電子辞書みたいな単なる液晶でもいい。 重量も400gくらいに収めてもらって、できれば半額以下で、、、ってこういうことばっかり言うヤツって、もし実際にそれが出ても買わないのが常だけれどもw・・・すみませんでした。

気付けばすごく長い時間ネットの記事やレビューを読み漁っていた。 そんな魅力的なガジェットであるポメラ。

近いうちに店頭にも並ぶだろうから実物もチェックしてみたいと思う。

フォローする