美しく、そして深過ぎる詩 ロバート・フロスト “The Road Not Taken”

アメリカでは学校で習うくらいメジャーで誰でも知っているらしいのだが、非常に美しく奥深い詩に出会ったのでここで紹介してみたい。

ロバート・フロスト (Robert Frost) というアメリカの詩人の作品で、ピューリッツァー賞を4度も受賞しているくらい高名なヒトだそうだが、恥ずかしながら私は今まで知らなかった。

たまたまこの詩とその翻訳を目にしたのだが、美しい描写と読み手次第で幾通りにも解釈できるその奥深さに一気に好きになってしまった。 普段は詩に触れることなんてほぼ無いにも関わらず。

原文と翻訳を書いてみる。 訳は色々なサイトを参考にしつつ自分なりの表現にしてみたので、多少意訳が過ぎる部分もあるかもしれないがご容赦いただければ幸いだ。

The Road Not Taken (選ばれざる道)

by Robert Frost 

Two roads diverged in a yellow wood,

黄色く輝く森の中、道は二手に分かれていた

And sorry I could not travel both

残念だが両方を進むことはできない

And be one traveler, long I stood

私はひとり、しばしそこに佇み

And looked down one as far as I could

一方の道をできる限り遠くまで見渡してみる

To where it bent in the undergrowth;

その道は先で折れ、そして草むらの中へと消えていた

Then took the other, as just as fair,

次にもう一方の道に目をやってみる

And having perhaps the better claim,

こちらだって劣らず悪く無さそうだ

Because it was grassy and wanted wear;

草木が生い茂り、誰かが通るのを待っているような気がしたから

Though as for that the passing there

とは言えその道だって分け入る人があれば

Had worn them really about the same,

結局は同じように踏み潰されてしまうのだけれど

And both that morning equally lay

あの朝、ふたつの道は同じようにそこにあった

In leaves no step had trodden black.

まだ誰にも踏まれずに汚れていない落ち葉に覆われて

Oh, I kept the first for another day!

あぁ、私ははじめの道はまた別の機会に取っておくことにしたのだ

Yet knowing how way leads on to way,

しかし、まだ先へと旅を続ける私が

I doubted if I should ever come back.

この場所に戻ってくることはもう無いであろうこともわかっていた

I shall be telling this with a sigh

ため息を吐きながら私は語るであろう

Somewhere ages and ages hence:

遠い昔、旅の途中

Two roads diverged in a wood, and I—

森の中で道が二手に分かれていた そして私は、

I took the one less traveled by,

まだ人が分け入ってない方の道を選んだ

And that has made all the difference.

それによって全てが変わったんだということを

いかがだろうか。 主人公はあの日選んだ道を後悔しているのか、あるいは長い年月を経た今、あの時の選択が正しかったことを懐かしく振り返っているのか、はたまた結果として苦労の多い道を歩むことになったが、あの時自分のした判断に間違いは無かったと誇りを抱いているのか、どのようにも解釈できるのがこの詩の素晴らしい奥深さであろう。

今後の人生で好きな詩について尋ねられる機会があったら、まず最初にこの作品を挙げようと思う。

ちなみに、YouTubeには朗読もたくさんアップされているので、それらを観ながら詩を追うのもおすすめしておきたい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク