クラウドファンディングで新自転車雑誌に広告を出すことになった話。

クラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」に面白そうなプロジェクトが載っていて、思わず乗っかってしまった。

関西のMTB乗りにはおなじみ?のYouTuber「B4C」氏が出版社と組んで新しい自転車雑誌を立ち上げると言うのだ。

『自転車』って何でしょう? 移動手段? スポーツ用品? いえ、もっと多彩で魅力的なもの、人生を豊かにするステキなツールです。そして、自転車を活用するライフスタイルはコロナ禍のような緊急事態を乗り切る身近なヒントになります。その魅力や利点を伝えるための読者参加型の自転車マガジンを一緒に作りましょう!

正直なところ私も最近の自転車雑誌はワクワクしないと感じていたので、「ユーザー目線の自転車マガジンが無い!」という氏の意見にはほぼ同意であり、

より自由で雑多な読者参加型のマガジンの定期刊行を目指すというプロジェクトを見て、これはゼヒ期待を込めて応援したいと支援することに決めた。

ヒト様に投資してる場合じゃないだろ、という心の声も聞こえてはきたがリターンの種類を調べてみる。

2,500円で創刊号の送付、7,500円で創刊号にスペシャルサンクスの名前記載か、、、悪くは無いが面白味には欠けるな。。。なんてことを考えていたら見つけたのがコレ。

15,000円で誌面1/4ページのスペースを貰えるとのこと。 値段はグンと上がるが断然コッチの方が楽しそうだ。 まぁお金は何とかするとしてこれに出資することに決めた。

気が変わらないうちに・・・と。

15,000円あれば色々買えたなぁ・・・ なんてなことを考えちゃうけれども、何事も経験ということで。。。

でも本当の問題は、せっかく広告スペースを貰っても載せるモノが無いということだな。 商売とかしている訳でもないし宣伝したいものが無いもんな・・・

公序良俗に反しなければ広告スペースの使い方は問わないとのことだったので、このブログのURLとかを載せて多少なりともアクセスアップ効果があるかどうかを検証してみようかと考えている。

後はプロジェクト自体が頓挫しないことを祈るだけだけど、まだ出版までは時間あるので広告スペースの活用法については色々と考えてみるつもりだ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク