MTBと共に、休日の公園でプチアウトドア活動を楽しむ。

よく晴れた休日の午後、最近買った子供の自転車の練習も兼ねて隣町の大きな公園に遊びに行くことにした。

自分一人ならば自走できる距離だが、子供には厳しそうなのでクルマで行くことに。 一般的なミニバンなのだが子供の24インチMTBはそのまま、私の29インチMTBは前輪を外すことでスッポリと収まった。 実は2台同時に乗せるのは初めてだったので良いシミュレーションになった。 暖かくなったらトレイルやクローズドのコース等にも走りに行きたいと思っているので。

公園までは20分ちょっとで到着し、早速クルマから降ろして準備する。 と言ってもフロントホイールをはめて、小さなリュックに携帯工具やワイヤーロック等を詰めるだけだけども。

大きな公園の外周には綺麗に整備された周回路があり、とりあえずはそこを走ってみることにした。 休日の好天だけに多くのランナーや犬の散歩をする人達でそこそこ混雑しているので注意せねばならない。 正直私には物足りないが、ゆっくりノンビリと走るだけでも子供には練習になるから良いだろう。

自然豊かな公園なので外周路を少しだけ外れれば、こういう緑溢れる光景が広がっている。 せっかくなのでただMTBに乗るだけでなくアウトドアっぽいことを、雰囲気だけでも楽しんでみようと家からコンパクトバーナーとチタンマグを持って来てリュックに入れていた。 水だけ入手すればとりあえず温かい飲み物は作ることができる。

道具以外は何も持参しなかったので、食料調達ということで公園から程近いコンビニへ。 そこでミネラルウォーターとお湯で溶かすだけでできるフレーバーティー、ちょっとだけ小腹が空いたのでカップヌードルをひとつ買った。 ランニング用の小さなリュックなので正直これくらいしか入らないのである。

公園へと戻ってしばらく走り、休憩に良さそうな場所を探す。 自転車を立て掛けておくのに良さそうな木があって、その横にテーブル代わりになりそうな切り株がある場所を僕たちは選んだ。

マグカップをコンパクトバーナーの上に置き火をつける。 火力があまり無いので一杯沸かすだけでもそこそこの時間が掛かるのだが、こういう場所ではそんな待ち時間も楽しい。 沸騰するまでずっと眺めていた。

カップラーメンをつくり子供と分け合って食べる。 その後は再度お湯を沸かしフレーバーティーを。 普段はこういう甘い飲み物はそうそう飲まないのだが、夕方に近くなり冷えてき始めたカラダにはすごく染み渡り、思わず「うまい」と声が出た。

陽もだいぶ傾いてきた。 あまり長居はできない。 もう一周自転車の練習をすると決めているのだ。 そそくさとゴミをまとめ、道具を片付けて再びMTBに跨った。

駐車場に戻り自転車を積み込んでいる最中、子供が「美味しかったし来た甲斐あったね」と弾んだ声で言う。 私にとっても良い一日になった。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク