ヒトリ飲みにおけるポテサラの重要性について。

以前より繰り返し書いているように僕はかなりのエリートボッチなので、皆でワイワイよりも少人数もしくはヒトリでひっそりと飲むのを楽しむタイプである。

仕事帰り、普段はだいたいファストフードやコーヒーショップに寄って雑誌を読んだりブログを書いたりするのだが、ごくたまに一杯飲んで帰ろうかという...
まもなく12月、忘年会シーズンに突入である。 会社主催の飲み会の是非、好き嫌いについてはもうさんざん語られていると思うので特に書くことは無い...

そんな僕にとって心強い味方が、メニューにあると必ず注文するポテトサラダだ。

(食べかけ注意、申し訳ない・・・ でもこの店のは量が多くて味も良かった)

ポテサラの何がいいって、とりあえずほぼ絶対美味しい。 店によって結構個性が分かれているところも良い。 オカンが作るようなベタなザ・ポテサラから、ちょっと凝ったアレンジ版まで、それでも確実に美味しく出来上がっているのだから素晴らしい。

そして値段が安め、そこそこお腹にたまる。 最初にポテサラを頼んでおけば後から調子に乗ってついつい高めのメニューを頼み過ぎてしまうのを回避できる。 せっかくヒトリ飲みをエンジョイしに来ているのにお会計の際に軽いショックを受けるような事態は可能な限り排除しなくてはいけない。

なにより最大の長所は「間が持つ」ことだ。 何かと手持ち無沙汰になりがちなヒトリ飲み。(まぁそれを楽しみに来てるんだけども) でもポテサラをチビチビと箸でつまみながら焼酎でも飲んでいれば軽く30分はいける。 まさに至福の時間。 ここに焼鳥や串ものが加わればもうミスターパーフェクトだ。

(再度食べかけ注意・・・スミマセン)

衝動的にこのような記事を書いてしまったが、何か言いたいこととかオチがあるかと問われたら全く何も考えていなかったことに気が付いた。

実用性も読む楽しみもゼロのクソ記事。 苦労してセットアップしたWordPressも泣いている。

スポンサーリンク
wp_rectangle_big
wp_rectangle_big

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
wp_rectangle_big