夢の炭酸水生活!? ソーダストリームを衝動買い。

炭酸水が好きでよく飲むのだが、やはりどうしてもペットボトルごみが嵩張るのが気になっていた。 エコ的にもゴミは減らせるに越したことは無い。

以前より自宅で炭酸水を作ることができるソーダメーカーは気になってはいたのだが、いかんせん導入コストの面から踏み切れずにいた。 ところが先日たまたま入ったイオンでセールをしているのを発見。 そのまま勢いで買ってしまった。

選んだ(と言うかセールしていたのがこれだけだった)のは最大手ソーダストリーム社。

ご自宅で簡単に炭酸水を作れる世界中で大人気のソーダメーカー、sodastream ソーダストリーム。お水を用意するだけで手軽に炭酸飲料水が出来上がり。楽しく、エコして、おトク。炭酸の強さだって自由自在。そんなハッピーライフを楽しもう。

タイプは最もベーシックな「Genesis v2」というモデル。

created by Rinker
ソーダストリーム
¥9,900 (2020/08/10 00:01:40時点 Amazon調べ-詳細)

炭酸の強さが選べたり、電動で充填できる上位モデルも色々とあるのだが、元々一番シンプルなベーシックモデルを選ぶつもりだったので正にラッキーだった。 価格は通常1万円程度で売られていることが多い中、税抜7,980円。 しかも私がたまたま株主向けのクーポンを持っていたのでそこから更に10%オフで購入することができた。

内容物はこんな感じ。

・本体

・ガスシリンダー

・1Lボトル

・保証書、説明書類

本体はプラスチッキーで軽くて安っぽい感はするものの、価格からするとこんなところか。 

半面、ガスシリンダーの存在感がスゴイ。 というかメチャメチャ丈夫そうでズッシリと重い。 高圧ガスなので安全面を考慮すればこうなるのだろうが、オトコとしてはこういう金属の塊は妙にソソられるところがあって嫌いではない。笑

ガスシリンダーは1本で60Lの炭酸水を作ることができるという説明だけど、実際数回試してみた感じからすると規定通りではちょっと炭酸弱くてイマイチ。 強炭酸好きにとってはおそらく規定量の倍くらいは使ってしまいそう。 よって半分の30Lできれば良しとしようと思う。

ちなみにガスシリンダーは空になったものを取り扱い店舗まで持っていくと、2,000円で補充済のものと交換できるシステムとのこと。

あと、これはそれぞれの好みや生活スタイルによるので必須では無いのだが、付属の1Lボトルだと大きすぎるという場合は別売で500mlタイプのボトルが売られている。 私は少量を小まめに作って飲みたかったのでこのボトルを別途購入した。

気になるのは果たしてペットボトルの炭酸水を購入するのと比べてどのくらいお得なのか、ということ。

私が普段飲んでいるのは業務スーパーで売っている激安炭酸水で500mlボトルが1本37円(税抜)という安さ。

しかし値段の割には、というか普通の有名ブランドのものと比較しても炭酸が弱い感じもせず十二分に美味しいので、もっぱらこれをケースで購入していた。

1ヶ月に30本飲むと仮定して、

37円×30本=1,110円/月

え、むちゃむちゃ安くね・・・?? 業務スーパー恐るべし。。。

対するソーダストリーム、てかもう結果うすうす見えてるけども一応。笑

本体は保証期間である2年で償却すると仮定して、

7,980円÷24ヶ月≒333円

ガスシリンダーを公称値の半分の性能と見積もると月0.5本(15L分)消費すると想定して、

333円+(2,000円÷2)=1,333円

・・・

試算すべきじゃなかったかも・・・w

まぁ、もちろん重たいペットボトルを部屋まで運ぶ必要が無かったり、炭酸が抜けてきたところに追いガスできたり、インテリアとしてもカッコ良かったり(無理矢理だな。。。)、何よりゴミが出ないというメリットと自己満足があるから、一概に比較するものでもないんだけどね。

それにガスシリンダーの消費スピードについては、実際にしばらく運用してみないとわからないだろうからまた追って記事にしてみたいと思う。