【MTBダウンヒル ワールドカップ】観はじめると止まらないワクワク感。

YouTube等の動画はそんなに観る方では無いのだが、ふと手持ち無沙汰になるとついつい開いてしまい、そのうち止まらなくなってしまうのがMTBダウンヒルの動画である。

詳しく無い方でも「ダウンヒル」という名称から想像できるかとは思うが、簡単に言ってしまえばマウンテンバイクで山の上から重力を利用して下ってくる、それだけのシンプルなスポーツである。

ドローンやワイヤーカムを駆使しての美しい映像に重点を置いた「魅せる為の動画」の人気も高いが、個人的には如何に早く下ってくるかに的を絞ったダウンヒル競技、その中でも最高峰であるワールドカップシリーズの動画が一番好きだ。

近年は機材の進化もあり、とても自転車とは思えないスピードで駆け降りてくるライダーを見ていると、何だか気分が晴れるというか精神的にリフレッシュできる感じがするのだ。

あまりウンチクを語るのも何なのでとりあえず論より証拠、2019シーズンで私が一番気に入ったランのひとつを観ていただければと思う。

フランスのトップライダー Amaury Pierron が自国での大会で優勝した時のウイニングランだ。 この時の走りには本当にシビれた。

もちろんどの選手も限界ギリギリのスピードで走ってはいるに違いないのだが、この日のPierronのランは特にスタート直後のキレっぷりが半端ない。 決して無謀と言う訳では無い。 安全マージンを限界まで削ぎ落した極限美とでも表現すべきであろうか。

(前半は女子クラス優勝者の映像なので途中から再生されます)

ちなみにその際のPOV(Point Of View)カメラの映像がコチラ。 もちろん早回しでは無いので念の為。

ちなみにこのMTBダウンヒル ワールドカップはあの「Red Bull」のサイトで全戦生中継されており、リプレイも観ることができる。

次々とタイムが更新されていきいったい誰が勝つのか、というワクワク感はやはりライブでないと味わえないので、時間的な都合が許すのであれば断然このサイトで生中継で観るのをオススメしたい。

2020シーズンの開幕も近づいており今から楽しみで仕方ない。 正直日本では人気がイマイチなMTBではあるが、こうしたエキサイティングな映像を通じて興味を持ってくれるヒトが一人でも増えてくれればと願う。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク