引き続き不要パーツをヤフオクにコツコツ出品・・・。

少し前にこんな記事を書いた。

パーツボックスを漁っていると昔懐かしい部品やら、もう今後使うことも無さそうなパーツやらが結構出てくるもので、ちょうどお金も無いことだしとヒマを見つけてはちょくちょくとヤフオクに出品している次第。

そんな訳で懐かしアイテムをいくつか紹介。 って誰が興味あんのか・・・

シマノ HB-M950 フロントハブ

M950世代のXTR。 調べたら1996年発売とのことなので一昔どころか四半世紀前のモノ。 歳をとる訳だわ・・・

当時、同じ職場の人から新品に近いコンディションのものを譲ってもらい700Cのリムで組み、それ以来ずいぶん長いこと主に通勤に使ってきたのだが、その自転車をいったん引退させることにしたのでホイールもバラしてハブを出品。

しかしM950世代のXTRは根強い人気がありますな。 このように状態はお世辞にも良くないのに結構な数の入札があってまぁまぁ高値で落札。 確かにクランクやシフター、Vブレーキなんかも含め全体的にエッジの効いたデザインやグラファイトグレーっぽいカラーもカッコイイしね。 歴代最強XTRに挙げるヒトも多いかもしれない。

シマノ ST-3300 デュアルコントロールレバー(右8スピード)

なぜか右側だけ持っていた旧SORAのデュアルコントロールレバー。 現行SORAはリヤ9速だけどこれは8速の時代のもの。

親指で小さいレバーを押してシフトアップするこのタイプはなんか懐かしくて良いね。 シフトケーブルをハンドルに沿わせられないのでハンドル周りがちょっとゴチャゴチャしちゃうけど、レバーの形自体はシンプルで結構好き。

シマノ RD-4500-GS リヤディレイラー(9スピード)

9スピード時代のTIAGRAのリヤディレイラー。 通勤用MTBに付けてしばらく使っていたもので、リアサス付きだったのでチェーン長の変動を吸収するためにGSケージタイプを選択。(素直にMTB用RD使えよって話だけども)

こういうシンプルなポリッシュカラーのパーツって最近はあまり無くて、レトロなフレームでバイクを組みたい人には結構ニーズ有るよう。 確かに今のハイテク感あるデザインのコンポーネントはクラシカルなスタイルにはマッチしにくいもんね。

シンプルなアルミポリッシュのパーツが余っているヒトはメルカリやヤフオクで売ってみるとそこそこのお小遣いになるやもしれません。

シマノ BL-M555&BR-M555 ディスクブレーキ(フロントのみ)

これまた片側のみしか無いパターンのディスクブレーキレバー&キャリパー。 シマノのディスクブレーキが出始めて間もなくの世代だったはずなのでもう20年くらいは前のもののはずだが、状態は悪くないと思うしチタンっぽいカラーリングもなかなかカッコイイ。

今でこそMTBのキャリパーはポストマウントにほぼ統一されていてアダプターで色々使い分けられるけど、当時はインターナショナルスタンダードタイプとマニトウ(ポスト)タイプに分かれていて別々のモデルだったんだよね。 いやぁ懐かしいわ・・・

個人的にはだいぶレアでオススメの出品のつもりだったんだけど意外と伸びずにお安目で落札・・・まぁ需要が無いんなら仕方ないけどもね、そうそう上手くはいかないもんです。。。

図らずも全部シマノのコンポーネントになってしまったけど今回はとりあえずこんなところで。

でもこうやって余っている(使う予定の無さそうな)部品を売るっていう作業もなかなか楽しいもんです。 自分が価値あると思っていても全然だったり、逆にジャンクのつもりだったのが予想外の人気だったりと色々と勉強になるなと。

これからも定期的にパーツボックスを整理しながらコツコツチビチビと出品していきたいと思う。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク