【MTBダウンヒル ワールドカップ】2019最終戦でのドラマにシビれてみる。

YouTubeのRed Bull Bikeチャンネルになかなかシビれる良コンテンツがアップされていたので紹介してみたい。

いきなり観ても良いのだが、背景を把握していると更に楽しめるので、ご存じない方は下記の説明(稚拙な文章で申し訳無いです・・・)を読んでから視聴していただければ幸いである。

【The DH Battle Nobody Will Ever Forget | UCI MTB World Cup Snowshoe 2019 w/ Bruni, Pierron & Hart】

2019ワールドカップダウンヒル最終戦の決勝ランが収められているのだが、登場順に、

アマリー・ピエロン (Amaury Pierron)

ロイク・ブルーニ (Loic Bruni)

ダニー・ハート (Danny Hart)

の3ライダー。

ワールドカップはポイント制のシリーズ戦で行われるので年間チャンピオン争いが最後の最後までもつれることがある。 2019年はまさにそんな年で、ランキングトップのブルーニを2位のピエロンが僅差で追う展開になった。

この日の決勝ラン。 3人の中では予選の順位が一番低かったピエロンが最初に登場、会心の走りで素晴らしいタイムをたたき出し暫定トップに。 逆転シリーズチャンピオンへの望みを繋ぐことに。

続いては予選2位、現在シリーズトップのブルーニ。 仮にピエロンがそのまま優勝したとしても自身が3位以上に入れば通算ポイントで逆転されることは無くシリーズチャンピオンを決めることができるという状況だ。

しかしプレッシャーからか走りにイマイチ精彩を欠きタイムは暫定3位。 その後に走るハートがブルーニを上回ればブルーニは4位となり、シリーズチャンピオンはピエロンの手に渡ってしまうことになる。 自身の手でシリーズタイトルを決められなかったことに肩を落とすブルーニ。

最終走者は予選トップのハート。 2019シリーズのハートはこれまで優勝が無くチャンピオン争いからこそ脱落していたものの、この最終戦で予選1位を獲得、シリーズ初優勝に向けてモチベーションは高い。

今回、もしハートが優勝すればピエロンは2位となりシリーズポイントでブルーニを上回ることはできずブルーニが年間王者に。 あるいはハートが4位以下のタイムであってもブルーニの3位が決定するので同じく。 現在暫定トップタイムのピエロンと暫定3位のブルーニの間にハートが割って入った場合のみ、ピエロンが逆転シリーズチャンピオンになるという非常にややこしい展開となった。

注目の最終走者ハートのラン、中間計測ではピエロンのタイムを上回ることができず、ピエロンの優勝の可能性が高まる。 最後の最後での逆転シリーズチャンピオンに喜びを隠しきれないピエロン。

しかしドラマはまだ終わっていなかった。 ハートが後半セクションで驚異の走りを見せ、なんとゴールでピエロンのタイムを上回ってきたのだ。 ハート今シーズン初優勝。 そしてブルーニの年間シリーズチャンピオンが決定して2019ワールドカップは幕を下ろすこととなった。

ほぼ手にしたと思われたシリーズタイトルが掌からこぼれ落ちガックリとうなだれるピエロン。

しかしすぐさまブルーニのもとに歩み寄り、茫然自失状態のブルーニを称える。

互いをリスペクトし合うスポーツマンシップに、観ているこちらの気分も晴れるような素晴らしい幕切れとなった。

既に結果を知っていてもドキドキしてまうこの劇的な結末。 MTBやダウンヒル競技のファンで無い方でも楽しめると思うので是非一度ご覧いただければと思う。

The DH Battle Nobody Will Ever Forget | UCI MTB World Cup Snowshoe 2019 w/ Bruni, Pierron & Hart

スポンサーリンク
wp_rectangle_big