ちょっとマイナーなサイズの自転車チューブ(スペア)を購入。

自転車の消耗部品・スペアパーツは色々あれど、スポーツバイクの場合とりあえず用意しておかなければならないのがタイヤチューブ。 小さな穴によるパンクだったらパッチを貼って修理することもできるものの、基本的には何か問題があったら交換するヒトが大多数かと思われるので予備は最低1本は持っておきたい。(もちろん修理も交換もしないで済むに越したことはないが)

ただ、自転車のタイヤサイズというのは非常に複雑で多岐に渡っているので、ちょっと変わった(マイナーな)サイズのチューブとなると入手に苦労するケースも出てくる。 私が先日購入したMTBは29×2.6インチというタイヤサイズで、特別変わったサイズとは言えないもののまだ採用している自転車が少ないためスペアチューブ探しは意外と難航することとなった。

a notebook of everyday life

29インチMTBは今や主流となりつつあるが、2.6インチ幅に対応するチューブで良さそうなのがなかなか見つからない。 もちろんAmazonやChain Reactionといった大手サイトは一通り探してみたが、在庫切れで入荷予定未定だったり価格がやたら高かったりと条件に合わないのだ。

その後自転車ショップもいくつか回ってみるも結局見つからず途方に暮れてしまったのだが、意外とあっさりと解決することとなる。 買った自転車のメーカーオンラインストアにピッタリのサイズのものが、しかもリーズナブルに用意されていたのだ。 まぁ、冷静に考えてみれば自分のところの自転車が修理できなきゃ困るはずなので、対応アイテムを探すならば最初にここを訪れてみるべきだったんだけども。。。

チューブ | スペシャライズドオンラインストア | スポーツバイク完成車から、シューズ、ヘルメット、ジャージ、タイヤなどまで豊富なラインナップ

そのままオンラインで注文するのが一番手っ取り早いが、チューブ程度の少額では送料が掛かってしまうので、自転車を購入したショップにて取り寄せしてもらうことに。 チューブ1本だけ買うのも何なので、他に持っている自転車のスペアチューブも合わせて注文してもらった。

上記のMTBに対応する、

29×2.4-2.8 フレンチ(仏式)バルブ40mm

と、子供のMTB用の、

24×1.5-2.3 アメリカン(米式)バルブ32mm (これも意外と見つからずに困っていた)

a notebook of everyday life

もう一つ、これはまぁどこででも買えるのだが、街乗りで使っているクロスバイク用に、

700×28-38C フレンチ(仏式)バルブ48mm

計3種3本、価格はどれも税込880円と、タイヤやチューブの専業メーカーのものよりむしろ安いくらいであった。

入荷して引き取ってきたのがコチラ。

何の変哲もないごくごく普通のブチルチューブだが、別にシビアにレースで使ったりする訳でも無いので全く問題ない。

今のところパンクや空気抜け等で対処が必要な自転車は無く、これらのチューブをすぐに使うことはないのだが、とりあえず問題があったらすぐに直すことができるという安心感を手に入れることができたのが大きい。 希望のものが比較的安く手に入り良い買物ができたと思う。

スポンサーリンク
wp_rectangle_big