MTBのライディングポジションわからない問題【Specialized Fuse Comp 29】

日曜の午後、天気も良かったのでMTBで少しだけ近所をブラリと。

一見トレイルっぽいけど、すぐ近くに住宅地があってお年寄りも大勢散歩してるからゆっくり安全走行。 でも本当に気持ち良い天気でスッキリできました。

今回あらためて思ったのが「なんかポジションがしっくり来ていないのかも・・・」ということ。 なんか自転車に乗らされている感というか(実際テクも無いので文字通り乗らされてるんだけども。。。)、時々カラダにツッパリ感みたいなのがあったり。

このFUSEを買う時にフレームをMサイズにするかLサイズにするか散々迷って、結局Lサイズを選択したという経緯があるので、少し大きめのサイズであることは理解しているし、29×2.6というデカくて太いタイヤを履いているので、そうそう身軽に振り回せるような自転車では無いことはわかっているつもりだが、何とか少しでも乗りやすくする工夫はできないものかと考えてみた。

スタンディングポジションだとあまり大きさを感じることが無いので、サドル位置が後ろ過ぎるのかなと思い、とりあえず前に出してみることに。 最近のハードテールMTB見ているとヘッド角は寝ていてシート角がかなり立ってるフレームが多いので、そういうポジションが流行りなの?ってミーハー心もあり。

本来こういうのはミリ単位で調整していくものなんだろうけども、そんな繊細な感覚は持っていないのでガツンと1cmズラしてやりましたよ。

うーん、、、多少良くなったのかな。。。 てか意識し過ぎて尻を置く位置が変わっているだけのような気も・・・ よくわからんな。。。もう少し前に出そうかな。

後はステムを短くしてハンドルを手前に近付けてやるか、、、

今でも45mmという十分短いステムが付いてるんだけど、35mm長のものもあるようなので試してみるのも手かも。

あんまり短くすると、それはそれでハンドリングがピーキーになり過ぎて逆効果、みたいなことにもなるようだけど、もしダメだったら今のに戻せばいいし・・・。

ということで、とりあえずAmazonでこの35mmステムを注文してみました。

あんまりカッコ良くは無いけども値段が手頃なのと(海外通販とかと比べちゃうと高い)、シートピラーを何回か買ったことのあるブランドなので品質に信頼性もあるかなと。

サドル位置と同じく違いが良くわかんないな・・・って結果になる未来も薄々見えてはいるけど、取り替えてみての感想をまた記事にしてみたいと思います。

【続きはコチラ】

スポンサーリンク