はじめてオトナを感じた一曲 Sting「Englishman In New York」

普段それほど音楽に接する機会は多くないのだが、なぜかここのところ昔好きだった曲を改めて聴き直すのにハマっている。

という訳で、まさかの音楽ネタ3連発となってしまった。 勢いというのは恐ろしいものです。。。

今回は子供の頃に僕が初めて「オトナの世界のカッコ良さ」を感じた記念すべき一曲、Stingの「Englishman In New York」について。

たぶん小6か中1くらいだったかと思う。 今思うと結構早熟というかマセてるというかイヤなクソガキというか、僕はもっぱら洋楽ばかり聴いていた。 と言っても小林克也氏の「ベストヒットUSA」から得られる情報がほぼ全てだったんだけども。

当時はちょうどレコードからCDへの切り替わりが進んでいた頃で、レンタル店にもまだ両方が置いてあった。 レコードでアルバムなんて借りようものなら、それだけで自転車の前カゴが占領されてしまい、持ち帰るのに異常に苦労したことを思い出す。

うろ覚えではあるが「Englishman In New York」はたぶん僕が初めてレコードではなくCDで借りた曲だったかもしれない。 父が買ってくれたCDラジカセ(SONYドデカホーン)を使ってカセットテープに録音した記憶がボンヤリと残っているから。

もちろん歌詞の意味なんてわからなかったけど、Stingのハスキーな声と美しく響き渡るサックスの音色、そのJazzyなサウンドに生まれて初めて「オトナの世界」をハッキリと感じた一曲だ。

今回久しぶりにこの曲をYouTubeで観て、改めてその色気に惚れ惚れしてしまった。 モノクロで作られたPVも「ベストヒットUSA」で観ていたはずだけど、今見るとメチャカッコいいやんか!

あの年齢でこの曲の良さに気付いていた当時の自分を褒めてあげたいよ。 その後の成長が全然無かったけどもな。。。        ほっといてくれ。

いつものごとく色々なサイトを参考にして自分なりの訳詞をしてみた。 この曲に限らないがStingの歌詞には哲学的、観念的な難しい表現も多く、正直僕の手には負えていない箇所もある。 また、だいぶ意訳を入れてしまっているので「それはおかしい」という部分もあるかと思うが、雰囲気重視ということで大目に見ていただければ幸いである。

Englishman In New York – Sting

作詞・作曲 : Gordon Sumner (Sting)

I don’t take coffee, I take tea, my dear

コーヒーは飲まないんだ 紅茶を頼むよ

I like my toast done on one side

トーストは片面だけを焼いて欲しいね

And you can hear it in my accent when I talk

話すときのアクセントでわかるだろうけど

I’m an Englishman in New York

僕はニューヨークにいる英国人さ

See me walking down Fifth Avenue

5番街を歩く僕を見てごらん

A walking cane here at my side

片手にステッキを携えているだろう

I take it everywhere I walk

常に持ち歩いているのさ

I’m an Englishman in New York

僕はニューヨークにいる英国人だからね

Oh, I’m an alien, I’m a legal alien

そう 僕は異邦人 法で認められたよそ者さ

I’m an Englishman in New York

僕はニューヨークに暮らす英国人

Oh, I’m an alien, I’m a legal alien

そう 僕は異邦人 法で認められたよそ者さ

I’m an Englishman in New York

僕はニューヨークに暮らす英国人

If “manners maketh man” as someone said

誰かが言ったように「礼節が人をつくる」のであれば

He’s the hero of the day

彼は今日の英雄だろう

It takes a man to suffer ignorance and smile

男なら周りの無知に耐え 微笑んで受け流すべきさ

Be yourself no matter what they say

誰が何と言おうとも 常に自分らしくあることだ

Oh, I’m an alien, I’m a legal alien

そう 僕は異邦人 法で認められたよそ者さ

I’m an Englishman in New York

僕はニューヨークに暮らす英国人

Oh, I’m an alien, I’m a legal alien

そう 僕は異邦人 法で認められたよそ者さ

I’m an Englishman in New York

僕はニューヨークに暮らす英国人

Modesty, propriety can lead to notoriety

謙虚さや礼儀正しさが悪評を招くこともある

You could end up as the only one

でも結局それが最も大切なことだとわかるはずさ

Gentleness, sobriety are rare in this society

親切心や節度を守るなんてのは 今の世の中じゃあまり見られないけど

At night a candle’s brighter than the sun

夜になればキャンドルだって太陽より明るく輝くだろう?

Takes more than combat gear to make a man

ひとかどの男になろうと思うなら 武器を持つだけでは駄目さ

Takes more than a license for a gun

銃のライセンスよりも大事なものがあるはずだ

Confront your enemies, avoid them when you can

敵と対峙した時 敢えて争いを避ける方が良いことだってある

A gentleman will walk but never run

紳士は決して走ったりしない 堂々と歩いていくものさ

If “manners maketh man” as someone said

誰かが言ったように「礼節が人をつくる」のであれば

He’s the hero of the day

彼は今日の英雄だろう

It takes a man to suffer ignorance and smile

男なら周りの無知に耐え 微笑んで受け流すべきさ

Be yourself no matter what they say

誰が何と言おうとも 常に自分らしくあることだ

Be yourself no matter what they say

Be yourself no matter what they say

スポンサーリンク
wp_rectangle_big
wp_rectangle_big

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
wp_rectangle_big