ZOZOスーツ採寸で購入した服のサイズ交換・返品を試みる。

ZOZOスーツを着て測定したデータを使い注文したZOZOオリジナルブランドのTシャツとジーンズが到着した。

先日の記事で、到着したZOZOスーツを使ってカラダのサイズを測定してみた話を書いた。 私は今までZOZOタウンで買い物をしたことが...

注文からわずか数日で到着。 まぁ当たり前かもしれないが、あらかじめ無数のパターンのサイズがストックしてあって、その中から注文者の体形に最も近いものを自動的に選択し発送される仕組みかと思われる。

商品の感想を簡単に書くと、

Tシャツ

素材:

思ったより厚めでしっかりしている。 首回りも丈夫そうでこれ一枚だけで着ても貧相にならず満足感アリ。

サイズ感:

肩幅と着丈はバッチリ好み。 ただ、胸囲というか胴回りは若干ブカブカ過ぎる感有り。 これは僕の貧弱な上半身にも原因があるのかもしれないが、もう少しタイトな方が見栄えも良いと思う。

ジーンズ

素材:

スリムテーパードだからというのもあるが、濃い色目も含めて結構上品に着こなせそうな感じ。 微妙にストレッチ素材が混ぜられているそうで、細身でスッキリとしたシェイプの割にはしゃがんだり屈んだりしやすい。

サイズ感:

ウエストはドンピシャ。 言い換えれば本当にピッタリなのでシャツの裾をジーンズの中に入れたり、あるいは自身が満腹の時なんかはちょっと苦しくなるかもしれない。 ヒップもほぼ同様だが、もう少しだけ余裕があるかなというところ。 元々スリムテーパードだしストレッチ素材なのだからこのくらいがカッコよく見えるサイズなのかもしれない。 問題は裾の長さだ。

左は僕が普段履いているユニクロのチノパン。 素材も形状も違うのだから一概に比べることはできないかもしれないが、それにしたってちょっと短過ぎだ。 くるぶし見えちゃうツンツルテンだもの。 もちろんこれには僕のZOZOスーツの着方と測定方法がマズかった可能性もあり、裾を上に引っ張りすぎていたのかもしれない。 今度もう一度測りなおしてみたいと思っている。

さて、このTシャツとジーンズでしばらく部屋の中を歩き回ってみたが、やはりどうしてもTシャツの胴回りとジーンズの短さが気になってしまう。 このままだと結局着なくなってしまいそうなので、多少のコストが掛かることは覚悟の上で交換もしくは返品ができるか調べてみることにした。

結果から言うと交換・返品は無償でできた。 ZOZOスーツを使って購入したZOZOオリジナルアイテムについては、やはり僕のように特に初回注文時にサイズに違和感を感じるユーザーが多いと思われるので、このように無償でのサイズ交換・返品を受け付けてくれることは非常にありがたい。(但し商品到着から7日以内に手続きを行う必要あり)

手続き自体はPCやスマホから簡単にできるが、備忘録を兼ねて簡単に手順を説明してみる。

「会員登録情報」の「注文履歴」から、

購入商品履歴の下にある「注文詳細・各種手続き」をクリック。

サイズが合わなかった場合は調節しての交換を選択する。

僕の場合は肩幅と着丈は問題無いものの胴回りのブカブカ感が気になったので3cmダウンを選択してみた。

ちなみにジーンズについては裾の短さもそうなのだが、どうも全体的にタイト過ぎるというか僕の年齢と好みに合わない感があったので、申し訳無いが一度返品させてもらい他の種類を買いなおすことにした。 「だったらスリムテーパードなんか選ぶなよ!」と怒られそうだが、ごもっともでこれは完全に僕の選択ミスです。。。

最後に一通りの注意事項が表示されるので、これに該当しないか確認して、

無事に手続き完了。 いや、そんなに謝られるとなんかこちらそこ申し訳ないです。。。

メールでも謝られてなんかすみません。。。

数日後、Tシャツの交換品が到着。

ちゃんと返送用の着払い伝票が同封されている。 返送のコストは覚悟していたのでこれは非常に嬉しい。

もちろん交換品の送料も請求されず。

しかしこれだけ手間を掛けさせてしまって結局売り上げは1,200円のTシャツ1枚。 ZOZOさんもこれでは完全に赤字だろう。 なんかゴメン・・・もう少し高いジーンズ買いなおすので許してください。。。

こんな感じで、もしサイズが合わなかったとしても無償で交換・返品が可能なので、皆さんも気軽にZOZOスーツを使っての注文を楽しんでみてはどうでしょう。

というステマをして、せめてもの罪滅ぼしとしたい。

スポンサーリンク
wp_rectangle_big
wp_rectangle_big

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
wp_rectangle_big